ほうれい線の治療はレーザーでできる|ダウンタイムが不要な施術法

婦人

ワキガや視力も回復可能

医者

東京で営業している美容外科は視力回復のサービスも行っています。リレックススマイルを使用するので従来のレーシック手術よりも安全です。ワキガはデオドラント商品では一時しのぎでしかないので注意しておきましょう。こういうときは美容外科でミラドライを受けると良いです。

Read

クマは整形で改善できる

ウーマン

目のクマの原因が色素沈着なら簡単な施術で改善でき、ビタミンCのイオン導入やケミカルピーリングは人気があります。クマの種類の中でたるみが原因の黒クマは脱脂術で解消されます。青クマや赤クマには血行不良を改善する光治療が有効であり、メラニン色素が原因の茶クマにはケミカルピーリングやレーザーが効きます。

Read

メスを使わず若返り

中年女性

ダウンタイムの有無

見た目年齢を左右するのは、お肌のシワと言われています。特にほうれい線はシワが大きく、しかも深く入りやすいという事もあり、出来てしまうち老け顔の原因になります。ほうれい線を撃退する方法には、色々な種類がありますがレーザー治療は、ダメージが少ない治療法という事でおすすめです。レーザー治療ではレーザーや、高周波など熱エネルギーを肌に照射して、ほうれい線を改善します。施術を受ける事でお肌がリフトアップし、ほうれい線を目立たなくしてくれるのです。レーザー治療はメスを使わない、美容医療という事もありダウンタイムも、ほとんどありません。あっても3間程度、少しお肌赤くなる程度です。施術後の回復が早いので、施術を受けやすい治療法と言えるでしょう。

定期的に施術を受ける

レーザー治療でほうれい線を撃退し、効果をキープするには定期的に施術を受ける事をおすすめします。レーザー治療は施術直後にコラーゲンが収縮し、お肌のリフトアップを感じられますが、実は施術を行ってから半年程度は、コラーゲンの生成量が増えるのです。ですので、施術を受けてから半年、長くて1年程度はお肌のリフトアップを感じられます。ただ、施術からある一定の期間が過ぎれば、徐々にコラーゲンの生成量は低下してしまう為、またお肌にたるみが出てきます。ほうれい線の無い若々しいお肌を維持したいのであれば、定期的に施術を受ける必要があるのです。施術を受ける頻度としては、コラーゲンの生成量が低下し始める、半年から1年に1回がおすすめです。

美容皮膚科の照射系の治療

二人の女医

医療レーザー治療器を用いれば、ニキビなどの肌トラブルの改善からシミ取り、永久脱毛までなんでもできます。レーザーは安全で効果が高いマシンです。頑固なシミや薄い肝斑もレーザー光線の照射で綺麗に消すことができます。

Read